MENU

母の日のカーネーションの由来は?

母の日に贈るものといえば、カーネーションが思い浮かびますよね。

定番であり、最も選ばれているはずのカーネーション、最近はカーネーション以外の花を贈ることも増えていますが、やっぱり母の日といえばカーネーションが間違いないでしょう!

でも、なぜ母の日にカーネーションを贈るのでしょうか?その由来、そして知っているようで知らないカーネーションの花言葉などなど、詳しくご紹介していきます。

目次

母の日にカーネーションを贈る由来

母の日は1914年にアメリカで制定されましたが、それよりも前の1910年に、まずウエストバージニア州知事が、5月の第2日曜日を母にすると宣言したのです。

でもこれは州知事の思いつきで決まったことではなく、アンナ・ジャービスという一人の女性が、亡き母に敬意を表すための開いた集会で起こった出来事が、母の日を制定するきっかけとなっています。

アンナ・ジャービスの母親は、19世紀後半~20世紀初頭にアメリカで活躍した社会活動家・アン・ジャービスで、アメリカ社会に大きな影響を与えた女性です。

アンナ・ジャービスがその集会で伝えた母への感謝の大切さが、アメリカ全土で共感を呼び、まずウエストバージニア州で1910年に「5月第2日曜日」が母の日として制定され、1914年にはアメリカ議会によって正式に5月第2日曜日が「母の日」と制定されました。

集会でアンナが参加者に配った白いカーネーションが母の日のシンボルとなり、母の日にカーネーションを贈るようになった、これが母の日=カーネーションの由来になったという説が有力です。

日本で「母の日」が知られるようになったのは明治時代の末期頃で、キリスト教由来の行事として教会でイベントが行われるようになりました。しかし、日本で多くの人に知られることになったのは昭和に入ってからで、1937年に行われたお菓子メーカーのイベントがきっかけです。

アメリカにならって5月の第2日曜日が母の日になったのは第二次世界大戦後、母の日の贈り物もアメリカにならい、カーネーションが主流になりました。

カーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉は、その色によって異なります。母の日に贈るカーネーションは、花言葉も母の日にふさわしいものがベスト、それは何色なのでしょうか?

おすすめのカーネーションの色

母の日に贈るカーネーションの色といえばやっぱり赤、これは定番の色ですよね。赤いカーネーションは花言葉も母の日にふさわしいので、色で迷った時は赤を選べば間違いありません。

もちろん、お母さんが好きな色のカーネーションを選んだり、複数の色を合わせても素敵ですよね。カーネーションの色別に、花言葉をご紹介しましょう。

赤いカーネーションの花言葉

「母の愛」、「母への愛」、「真実の愛」、「純粋な愛」など、母親への思いを込めるにはぴったりの花言葉になります。また、赤いカーネーションでも、一般的な赤よりも深い色、色味が暗い暗赤色の場合は「哀れな心」「哀しみ、哀れ」になるので、母の日の贈り物としては避けたほうが良いでしょう。

ピンクのカーネーション

「感謝の心」、「温かい心」、「美しいしぐさ」などです。いつも温かく見守ってくれるお母さんに、感謝の気持ちを込めて贈りたくなりますね。

紫のカーネーション

「誇り」、「気品」などですが、紫は古くから高貴な色とされてきたので、このような花言葉があるようです。落ち着いた色合いなので、可愛いイメージではちょっと物足りないお母さんに、おすすめのカーネーションです。

注意が必要なカーネーションの色

母の日に贈るカーネーションは、どんな色でもOKではありません。注意が必要なカーネーションの色について説明します。

黄色のカーネーション

赤やピンクと同様に、温かいイメージがある黄色のカーネーションですが、実は花言葉が「嫉妬」、「軽蔑」、「拒絶・拒否」、「あなたには失望した」といった感じで、母の日にはふさわしくないといわれています。

ただ、他にも「美」や「友情」という花言葉もあるということで、最近は黄色のカーネーションを選ぶ人も少なくないようです。

白いカーネーション

これはご存じの人も多いと思いますが、白いカーネーションは亡くなったお母さんをしのびお墓などに捧げるもので、お母さんが健在なら贈るのはNGです。花言葉は「亡き母をしのぶ」、「私の愛は生きている」、「尊敬」などです。

白や黄色のカーネーションは贈る場合に注意が必要な色ですが、単色ではなく他の赤やピンクのカーネーションと混ぜると全体が柔らかな印象になるので、そういった使い方なら問題ないでしょう。

カーネーションの本数に意味はある?

花束を贈る時は、その本数によって意味が変わることがあります。よく知られているのがバラ、自分の思いを伝えるために1本なら一目惚れ、3本なら愛していますなど、本数によって込められたメッセージが違います。

しかし、カーネーションにはバラのような本数によるメッセージは存在しませんから、何本贈っても大丈夫、自分が決めた本数で構いません。

参考のために、母の日に贈るカーネーションの場合の、おすすめの本数をご紹介しましょう。

1本

幼稚園や小学校の時に手づくりのカーネーションを1本、お母さんに手渡したことはありませんか?1本のカーネーションは、シンプルでストレートに感謝を伝えることができます。大人になってから1本のカーネーションを贈るなら、エプロンやお菓子などに添えるのが人気です。

8本

花束に8本の花を用いる場合、贈る相手に対し「思いやりに感謝しています」という意味を込めることができます。ですからお母さんに贈るカーネーションなら、8本もおすすめです。

12本

12本の花束は、「ダズンフラワー」と呼ばれます。12本は1ダース、ですからダズンフラワーなのですが、12本の花それぞれに「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」という意味が込められています。

花束や鉢植…どのタイプを贈ればいい?

母の日用のカーネーションには、花束だけでなく鉢植えなどもあり迷ってしまうかもしれません。自分のお母さんや義理のお母さんには、どのタイプを贈ればいいのでしょうか?

花束がおすすめの人

花束は受け取ったら花瓶に生ければOK、その後の世話など必要ありませんから、忙しいお母さんにも喜ばれるでしょう。花束なら手軽に贈れるのも魅力、母の日用にあらかじめ作ってある花束もありますが、お母さんの好みに合わせ選び素敵な花束にしてもいいですね。

鉢植えがおすすめの人

園芸が趣味で、日頃からお花の世話も好きなお母さんなら鉢植えがおすすめです。贈られたその年だけでなく、上手に育てることで翌年以降も楽しむことができ喜ばれるでしょう。

アレンジメントフラワーがおすすめの人

あまり花を飾る機会がないなら、家に花瓶がない場合もあるでしょう。そういう事情があるなら、花瓶いらずでそのまま飾れるアレンジメントフラワーがおすすめです。吸水性のスポンジや保水ゼリーを使用しているので、移し替える必要がなく簡単ですから、贈る側も気を使わずに済みますね。

プリザーブドフラワーがおすすめの人

生花ではなく、枯れないお花としていつまでもきれいなプリザーブドフラワーも、母の日の贈り物として人気です。水をあげる必要もなく枯れることがありませんから、忙しくてお手入れができない人にぴったりです。

まとめ 

母の日に贈るカーネーションは色によって花言葉も違い、お母さんへ想いを自分なりに込めることもできるでしょう。

母の日に贈るには、注意が必要なカーネーションもありますから、選ぶ時には注意してください。

また、贈って満足するだけでなく受け取った側が困らないように、花束・鉢植え・アレンジメントフラワー・ブリザーブドフラワーなど、お母さんが扱いやすく楽しんでくれるタイプを選んでくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる